あの日の風景

詞/曲/編曲 JOYA

迷うことがあったら いつでもおいで
側にいれることがただ うれしいんだ
君が君でいられる場所が あるのだから
言葉よりも気持ちが 大切で . . .

※1 あの日君が僕にくれた 淡い色の風景の中
目をみつめて笑った その笑顔に弱くて
僕と歩く並木道が いつまでも色づくようにと
手を握ってはしゃいだ君が とても好きだった

空を吹き抜ける風 どこまでゆくの?
行方は知らないけど ほら似てるね
君は僕に触れると 苦笑いで
すれ違う心の隙間 見えなくて . . .

※2 あの日君と探した夢 どこか遠くにいったのかな?
もう 追いつけないけれど それはとても近くて
窓に映る君の姿 少し寂しそうな顔で
でも 二人で歩んだ日々は ずっと忘れない

ねえ 愛されたこと 時に解り 涙 流れたとしたら
それはきっと 生まれた意味を知るのだろう

※1

きっと君は変わらないで 一番素敵な恋をして
目を閉じれば思い出す 君は今も元気かな?