夢のほとり

詞/曲/編曲 JOYA

風の音 過ぎ去る 秋の夕暮れ
物哀しく 響く 夢のつづきを
永久に 焦がれた

あなたを想うことで安らぐ
記憶の間に 時を忘れて
溺れてしまうまで

※ 揺られて 揺られても
その愛を 離さないでほしい
このまま私一人 欠けようと
輝く未来には 消えゆく
なつかしき思いは もう
すべて捨てて ありのままの
あなたでいて

その身に流れる 熱き血潮が
麗しく 歩きつづけることで
夢をぬぐった

睡蓮靡く鏡 映る姿
目を奪われて あなたを忘れ
自由になるのなら

※ 辿れば透き通る
その愛を 見つけてほしいと
ただ 願うだけなら
愚かでしょうか?
私には届かない あなたの
安らげる温もり もう
面影さえわからず
見果てぬ夢へ