小さい嘘、大きい嘘

詞/曲/編曲 JOYA

呼び声空しく響き渡るから
おもわず 小さな嘘で
ねえ . . ねえ . . .
笑ってよ かまってよ
ちょっとぐらいは 君と
手を繋ぐために ほら

例えば
水辺で聞こえた鳥声は
僕と君との幸せのシグナル

※ 届けたいこの気持ち でも壊れそう
その優しい笑顔を
曇らせないようにするからね
伝えたいありがとう 一言なら
季節が過ぎても いつまでも

確かに知らない 君の過去だからよけいに
今を生きる喜び 悲しみ
歌ってよ 笑ってよ
君が過ごした町で
僕は下らない 嘘をつく

例えば
夜空に輝く星たちは
僕が石を投げてずっと
浮いてる

※ 届けたいこの気持ち でも壊れそう
その優しい笑顔を
曇らせないようにするからね
伝えたいありがとう 一言なら
季節が過ぎても いつまでも
いつまでも

三日月の夜に
話したことあったね
人にはそれぞれ大切な嘘が
あるということを . . .

※ 届けたいこの気持ち でも壊れそう
その優しい笑顔を
曇らせないようにするからね
伝えたいありがとう 一言なら
季節が過ぎても必ず
見守っているよ

君にもっと
話したいことがあるんだ
季節が終わるまでに
手を繋ぐだけじゃ 物足りないけど
ありがとう . . .