虚像の世界

   (feat.GUMI) 

  詞/曲/編曲 JOYA

 

  壊れた蜃気楼の中

  手を繋ぎ夢だけ見た

  止まらない時間だけが

  どちらも選べるなんて

 

  震えるほどの声が聞こえて

  目の前の影 切り裂いた

  囚われた過去 同じ闇へと

  巡らせ 飲み干した

 

♣   月の光が嘘を導く

  わずかな心消えそうで

  君の温もり 感じた今も まだ

  見知らぬ世界 歩き始めた

  表と裏の感情が 交差する

 

  目覚めた憂鬱の中

  手に触れた冷たい君

  意識は静寂に似た

  無限の広さになる

 

  震えるほどの声を荒げて

  目の前の影 貫いた

  失うことの恐さが不意に

  横顔すり抜ける

 

♣♣   深紅の月が嘘を導く 

  見つめた未来(さき)は揺れていて

  繋いだはずの 心が今は もう

  見知らぬ世界 追憶だけが

  表と裏と抱き寄せて 口づけた

 

  例え時間(とき)を支配しても

  君は笑わない

  それでも僕は離れない

  ずっと . . . 君と. . .

 

♣♣