軌跡と幻

詞/曲/編曲 JOYA

足音を聞き分けて歩く  この道
不確かな日常を求め  彷徨う

あの空を眺めても 「見えない」と
呟く君は  どこか冷たい
ガラスのように見えた

※ 軌跡をたぐり寄せて 全てをつないでみせて
思い出は 嘘の幻
意味のない出来事は あるのかも知れないけど
現在はわからない 明日を選ぶ

見慣れた風景に飽きてから
どのくらい時間が過ぎたのだろう

山際に映る雪 降り積もって
色が変わることさえ 信じず
何処へ行くの 君は?

※ 軌跡をたぐり寄せて 全てをつないでみせて
思い出は 嘘の幻
意味のない言葉なら いくらでもあるんだけれど
明日はわからない 現在を生きる

いつもよりも少しぐらい離れた
距離が丁度いい
その適当さが馴染みだした頃
信じられるのかな?