作詞/曲/編曲・JOYA

☆麗しのジェラシー 
見せつけてあげる 赤い炎の夜は
指先の挑発が その心なぞる

閉め切った 部屋の中 妄想と 現実が 区別 できない
『それは論理的 間違った 趣味 思考 欲 が溢れてるから』

夢の中 舞い降りた 堕天使の 誘惑が 踊り 手招く
『それは意図的に 作り出す 幻影に 溺れているから』

「君だけは. . .裏切らない. . 」 絶対の 謎めいた 自信 満ちてる
『それは狂気的 解釈と 自惚れが 強く 現われたから』

宇宙から テレパシー 君の未来 ずっと あたしが 必要!
『それはエゴイスト 迷惑千万 明鏡止水は何処?』

☆麗しのジェラシー
欲望だらけの 熱い吐息が揺れる
指先の黒髮が その心エグる

いつもより 機嫌がいい 君の顔 にこやかで 何処か 不自然
『それはマンネリが 消え去って ドーパミンの海が 大放出』

「他の娘と. . 話したの. . . ?」許せない!フツフツと 苛立ちが ほら
『それはウワベだけ 取り繕う 本当の 御主 愚か也』

愚か也 . . 愚かなり. . .
. . オロカナリ. . オロカ也 . .

オロカナリ

☆麗しのジェラシー 
見せつけてあげる 赤い炎の夜は
指先の挑発が その心なぞる

☆麗しのジェラシー
欲望だらけの 熱い吐息が揺れる
指先の黒髮が その心エグる