silent eve

詞/曲/編曲 JOYA

予定通り誰もいないこの街で
君の面影を捜すだけさ
真昼の影にうずくまる欲望に
明日の行方を探し当てたならば

今夜はいつもより騒がしく
その渇いた風が胸を刺激する
そうね

※ 見つめる指先が 何かを語って
離れず 抱き寄せる 唇
とまどい隠せずに うなずいた夜に
静寂の中に君が響く

ざらつく的に張り付いた暗がりが
君の仕草を真似て 襲いかかる

不自然な時計が耳障りで
見せかけの時を楽しんでいる
そうね

※ 無くした香りまで貪り始めて
交わる 写真の君 寄せつけず
せつなさ もどかしさ 全て流されて
饒舌な愛を片手に眠る

誰もいないこの街が動き始めて
一連の愛がこの手に残り